03. Bbs

[トップに戻る][管理用]

お名前
Eメール
タイトル
メッセージ
メッセージ中にはURL欄と同じURLを書き込まないで下さい
URL
削除キー (英数字で8文字以内)

無題

2011/01/17(Mon) 22:35:14 [ No.82 ] 投稿者:岩本正樹

走川さま、こんばんは。
ブログを読ませていただき、プロフィールも拝見しました。
ふむふむ、音楽業界を去って、今は企業家として
成功なさっているみたいですね。
今、音楽業界は過渡期で大変な時代です。
転職?なさって正解かと思います。
練馬〜RIKKIO〜音楽業界ということで、
ずいぶん接点がありそうですね。
またコメント下さいね♪

Re: 無題

2011/01/17(Mon) 22:54:05 [ No.83 ] 投稿者:

岩本さま

早々にお返事いただき、またブログなどもご覧いただき、
ほんとうにありがとうございます!

なんだか、その昔の自分が懐かしくなり、
昨夜は自分のレトロスぺクティブをしてしまいました(笑)

27歳で音楽業界から去っていきました。
とはいえ、ふと寂しくなるものですね。
夢を捨ててしまったことに・・・

でも、いまは転職した建設設備の会社を、
職業訓練校に変えて、リストラされたり、
会社をクビになった方々の再就職支援をして、
わたし自身も講師として、生徒のみなさんを、
元気にして再び社会に送り出してあげてます。

岩本さんと直接、メールできるといいのですが・・・
と、思ったりしてます。

いまは信州の松本にいますが、やはり音楽好きには変わりなく、
2月には、テイラー・スィフトのライブ、
3月には佐野元春さん、エルビス・コステロと、
東京にライブを観にいきます。

これからもよろしくお願いいたします!


走川 昌明

はじめまして!

2011/01/16(Sun) 23:42:24 [ No.81 ] 投稿者:

岩本さま

はじめまして!

1990年か1991年に、岩本さんが編曲をしたアルバム、「CECILIA TAM」のアルバムで、BELIEVE BILLYを作詞・作曲した、「只野 昌明」こと、現在、養子になった、「走川 昌明(はしりかわ まさあき)」です。

このアルバムをひさびさに聴いていて、編曲の岩本さんの名前をみてネット検索したら、ここに行きつきました。

プロフィールを観たら、立教大学の先輩でした。それに練馬区中村橋出身とのこと。わたしは以前、練馬区高松に住んでいました。

こんなメール、ご迷惑かもしれませんが、よろしかったら、お返事ください。

よろしくお願いします!

初めまして…2011年も素敵な音色を。

2011/01/03(Mon) 07:59:07 [ No.78 ] 投稿者:   HomePage  

先日、林原めぐみさんのアルバム『bertemu-ブルトゥム-』をパソコンで聴いていた時、収録曲『-Life-』という曲から懐かしい音色が。編曲のクレジットに岩本さんのお名前があったので、どこかで聴いたことがある音色だな。まるでアイドル路線の高橋由美子さんの曲にも聞こえる、スゴク懐かしい音色を聴いた後、このサイトにたどり着きました。

高橋由美子さんの『yell〜ballad version〜』や林原さんの『-Life-』(の1コーラス目の2Aの部分)のあの音色はどんな楽器からできている音なのでしょうか?それはここ数年の楽曲にも用いられていますか?

教えてください。

僕も音楽は好きですが、作曲技術はありません…。
時々、ふとフレーズを見つけては作詞を趣味で書いている、
ちょっと変わり者です( ̄▽ ̄)

Re: 初めまして…2011年も素敵な音色を。

2011/01/05(Wed) 10:21:24 [ No.79 ] 投稿者:岩本正樹

Yousukeさん、新年おめでとうございます。
書き込みありがとうございました。
Yellのバラードバージョン、ずいぶんマニアックな・・w
それで、林原さんの音源が見あたらないので、
どの音色の事をおっしゃってるのかわかりかねますが、
シンセ音の事でしょうね。
シンセはオールマイティ、という事はなくて、
ひとつのシンセに数種類の気に入った音があり、
それを組み合わせて曲を組み立てるのが常です。
なので、今でも使っているモノもあれば、
すでに置き換わったものもあります。
ずいぶんソフトシンセになってしまいましたけれども・・。

返信いただき、ありがとうございます。

2011/01/08(Sat) 12:32:24 [ No.80 ] 投稿者:   HomePage  

ホントにご本人様から返信いただけるとは思っていなかったので、とてもうれしいです。

懐かしい感じの音はシンセ音によるものなんですね。
楽器や機材の事は全く無知なもので、
「この音は、三越デパート(?)の音だ…」と学生の頃思いながら、何度も聴いておりました。

僕にとって懐かしさ=癒やしなのかもしれません。

いろいろお聞きしたいことはいっぱいあるのですが、
場所をわきまえて、また別の機会にお聞きしたいと思います。

もしよろしければ、僕のつまんないブログも見てください。メールも待ってます(^-^;)

高橋さんの話題が出てきたので、
『Good-bye Tears』をオリジナルキーで歌いたくなった、
(当時の声で歌えるかな…)Yousuke.でした。

ありがとうございました。

Thank you mail

2010/10/04(Mon) 19:37:06 [ No.77 ] 投稿者:松本智永里

発表会ではお世話になりまして有り難うございました。
本番の緊張の中で岩本さんの笑顔と出会えますと、なぜか心がホッと致します。また次の機会がありましたらどうぞよろしくお願いいたしま〜す!    C.M.

p.s. 会場の方が早まってお花のラップを取り外してしまった為、裸のアレンジメントをお渡ししてしまい、恐縮しております!

はじめまして。

2010/05/12(Wed) 23:43:43 [ No.68 ] 投稿者:未歩

岩本さん、はじめまして。
私はアマチュアミュージシャンをしている未歩と
申します。

最近、昔好きだった中山美穂さんの曲をよく聴いて
いるのですが、中でも大好きな「ただ泣きたくなるの」
を繰り返し聴いていました。

私も曲を作っているので、この曲の作曲者を調べて
いたところ、岩本さんのHPにたどり着きました。

そしてご活躍されているお立場でありながら、この
ような形でファンの人たちと交流の場を持たれている
ことも知りました。

ぜひお聞きしたいことがあるのですが、「ただ泣きたく
なるの」は、どのようにして作られたのですか?
スラスラと書かれたのでしょうか?それとも長く楽器
と向き合って、思考錯誤して作られたのでしょうか?

こんな素敵な曲が、どのようにして書かれたのかを
ぜひお聞きしたいです。最初のデモの段階ではどの
ような感じだったのかなど、とても興味があります。。

そして、実はもうひとつお伺いしたいのですが、岩本
さんは、プロを目指すアマチュアの音楽家が部屋に
こもって、ひたすら曲作りの作業を2年、3年と続けて
いることについて、どう思われますか?

私は今、そのような状態なのですが、友人にはそれでは
もったいない。もっと外に出て、ライブもしなきゃと
言われます。

私はちゃんと曲を作ってCDを持って、ライブをして
いきたいと思っているのですが、作業だけで時間が
過ぎてしまうことに、自分自身でも焦りを感じています。

私は音楽関係の知り合いが少なく、あまり周りの人が
どのように活動されているのかを知りません。

現在の自分の時間の使い方や行動は、有意義なものなの
か、悩むこともあり、プロのお立場から、何かアドバイ
スをいただけたら‥、と思い、書き込ませていただき
ました。

よろしくお願い致します。


Re: はじめまして。

2010/05/13(Thu) 11:14:13 [ No.69 ] 投稿者:岩本正樹

未歩さん、はじめまして。

難しい質問ですね(^^;)

私は本業、と言ってはなんですが、
編曲家として業界に入っていきました。
それはなぜかというと、
作曲家=印税は不安定
編曲家=一曲いくら、のギャラ制なので、生活が安定
という、言ってみれば誤った解釈でアレンジャーをめざし、
進んでいました。
運良く(時代も)一応名前も少し通ってきた時点で、
「やはり曲も残していかないと」と思い始め、
「さあ、作るぞ」と作ったのがあの曲です。
どちらかというと、スラスラ作っています。
アレンジは長くかかることもあるのですが、
作曲の場合は長く考えても仕方ない部分もありますので、
長考はしません。
ただ、作ってすぐに完成させてしまうと、
独りよがりの作品になりやすいので、
少なくとも一晩おいて、もう一度改めて考えて
完成させるようにしています。

あの曲に関しては、編曲上のテクニックを加味して作っています。
どちらかというと「習作」的な色合いが濃いものなのですが、
タイミング良く使っていただきヒットしました。

アレンジが専門なので、デモと言っても最初から
ほぼ商品になった音と同じレベルです。

アマチュアとプロ、っていうのは、
音楽の場合どこで区別するのかよく分かりませんよね。
ただ、作品は人に聴いてもらわないとまるで意味がないので、
そういった意味では、こもって作っているのは良くないことだとは
思います。アマチュアの人がこもってしまうのは、
人からの意見を取り入れたくない、自分のスタイルはこうだ、
というので済んでしまうからだとも言えます。
音楽で食うためには、他の人がどんなものを望んでいるかを
絶えず吸収しなければならない、という面があります。
やはり作品を人前に出す、自分が人前に出る、という
行動に出ない限り、それが「アマチュア」ということになるのかも
しれませんね。
作業に時間がかかるのは、まだノウハウが確立していない、
ということだと思います。
作品作りはある意味、「生もの」の範疇だと私は思っています。
作ったらすぐに出す、というのが肝心。
ちなみに業界では発注からレコーディングまで
一週間未満、ということもままあります。
なので、アマチュアの方には、
とりあえずひと月かかって出来ないものは捨てなさい、
とアドバイスしています。
まあもちろん、これが正解です、
なんて回答は出来ないのですけれどもね。
でもまず一人にでも多くの人に聴いてもらう、
というスタンスを取った方が良いと思います。

こんな答えでよろしいでしょうか。
頑張って下さいね♪



岩本さん。

2010/05/13(Thu) 23:35:21 [ No.70 ] 投稿者:未歩

お返事ありがとうございます。
とても丁寧に教えていただき、すごく参考になりました。

私は日頃から、この曲良いなと思ったら、その曲が
どのようにして作られたのかが、とても気になります。

「ただ泣きたくなるの」も、すごいなぁと思いながら、
これは何かをしているときに閃いたのか、それとも
楽器に向かって、考えて作ったのかなとか、色々と
考えていました。

出だしのストリングスで、始まりから華やかな感じが
して、ワクワクするようなところも好きなんです。

でも、まさか自分が好きな曲を作った作曲家の方に
直接このようなことを教えていただけるとは想像もして
いなかったので、本当に嬉しいです。

興味深いお話を伺うことができました。

活動についても、プロの立場から客観的な意見を伺う
ことができ、とても参考になりました。

私は作詞・作曲をしながら歌うというスタイルで
活動しているのですが、ある1曲の歌でつまずき、
その歌に非常に時間がかかってしまっています。

最近は、ここまで時間がかかったのだから完璧を
目指してがんばろうと思ってやっていますが、ふと
誰かの意見を聞き、やっぱりアマチュアの立場で
そこまで目指すことで時間をかけるのは、あまり
有意義ではないのではないかと、そんなふうに考え
る繰り返しです。

でも、あまり自分の殻に閉じこもらずに、外に出て
いきたいと思います。

もうひとつだけ質問したいことがありますm(__)m

ひと月かかってできないものは捨てなさいという
のは、ひと月でメロディとアレンジができないとき
は‥、ということでしょうか‥?

歌い手の場合も、同じような感じでしょうか?
岩本さんのお知り合いの歌い手の方で、何年、何ヶ月
とかけて、1曲の歌入れや練習に取り組んでいるような
人はいらっしゃいますか?

今、それが一番気になります。。
私のように1曲に時間をかけて取り組んでいる人は
他にもいるのかなと、よく思います。

本当は、お金を払って学校などに通って、そこの
先生とかに聞くような内容を、突然プロとして活動
されている岩本さんにお聞きして、教えていただく
のは、あつかましいなぁと思いながらも、とても
興味のあることで、ぜひお聞きしたいです。

2度も質問してしまって、すみませんm(__)m

直接、岩本さんにアドバイスしていただけて、すごく
嬉しいです。

もしよろしければ、またお時間のあるときに教えて
ください。

よろしくお願い致します。










Re: はじめまして。

2010/05/15(Sat) 08:53:26 [ No.71 ] 投稿者:岩本正樹

未歩さん。
どんなふうに作っても、完璧はありません(^^)/
自分で完璧と思っても、一年後に聴けばまた違う印象を持ちます。
自分で完璧と思っても、他人にとってはあまり重要ではありません。
要は「どれくらい人の心を打つか」だけですから。
それは聴く人によって違います。
だから、完璧なんて目指す必要はないんです。
「これを伝えたいんだ」だけをエッセンスとして入れれば、
それだけで良いんだと思います。

ひと月・・、
一曲にひと月もかかっていたら年に12曲しか書けませんよ。
歌手も、演歌の方はひと月くらいは練習するかもしれませんが、
ポップスの人で同じ曲を何日も練習する人はいません。
上手いから良い歌、ではないのですから。
レコーディングに限って言えば、
歌も含めてせいぜい一週間ほどで新曲は上がります。

あまり考え込まないで、人前に発表することをオススメします♪



Re: はじめまして。

2010/05/15(Sat) 13:32:56 [ No.72 ] 投稿者:未歩

岩本さん。

お返事ありがとうございます。

こんなにシンプルでわかりやすいメッセージを
いただけるとは想像もしていなかったので、思わぬ
メッセージをいただき、すごく心に響きました。

ひとつ、答えをいただいたような、そんな嬉しい
気持ちと、今まで過ぎてしまった時間を悔やむ気持ち
と、少し複雑でもありますが(^^;)

やればやるほど難しくなって、考え込んでしまい、
どうすればいいのか、わからなくなっていましたが、
岩本さんの言葉で、今日から新しく頑張っていこうと
いう気持ちになれました。

「伝えたい」という気持ちが何より大事。
素敵なメッセージ、ありがとうございます。。


また読み返したいと思います。





Re: はじめまして。

2010/05/15(Sat) 13:46:33 [ No.73 ] 投稿者:岩本正樹

未歩さん、こんにちは。

過ぎてしまった時間も、
決して無駄にはなりません。
むしろその時間を思い出すようにして、
前に進んで下さいね。
頑張っていいものを作って下さい。

Re: はじめまして。

2010/05/15(Sat) 17:28:38 [ No.74 ] 投稿者:未歩

岩本さん。

本当にありがとうございます。

自分が心から感動した音楽を創った人から、励ましの
言葉をいただきたいという気持ちが叶い、すごく
嬉しいです。

過ぎてしまった時間も、決して無駄にならないと
言ってもらいたいという気持ちを察していただいた
ように言葉をかけてくださり、本当に感謝しています。

これからは過ぎた時間を思い出すようにして、前に
進んでいこうと思います(^^)

でも、願いは叶うものなんですね。。
自分の好きな音楽家から直接アドバイスをもらいたい
なんて‥、簡単に叶うことではないと思います。

それが、このようなタイミングでメッセージを
いただくことができて、本当に感謝しています。

ありがとうございます(^^)




Re: はじめまして。

2010/05/15(Sat) 20:50:50 [ No.75 ] 投稿者:岩本正樹

未歩さん、こんばんは。

そうですか、タイミングが良かったみたいで何よりです。
モノを作る、特に音楽を作る作業は、
言ってしまえば「なくてもいい」ものを作り出す作業なので、
落ち込みやすいと思うんです。
音楽を仕事にするかどうか、っていうことも、
これから先、大きく左右すると思います。
あまり視野を狭くせずにやってみて下さいね♪

岩本さん。

2010/05/15(Sat) 22:33:11 [ No.76 ] 投稿者:未歩

重ね重ね、貴重なメッセージをありがとうございます。

お返事をいただくごとに、もやもやしていたものが
少しずつ解けていきました。

どうしても過ぎた時間を悔やむ気持ちから離れられ
ずにいましたが、今は前向きに考えられます。

なくてもいいものを作り出す作業なので、落ち込み
やすいという言葉も、深いなぁと思います。
今回いただいたメッセージは全部が私のツボです。。

きっとまた、やっぱり時間が過ぎてしまった‥、と
思うときがくるかもしれませんが、そのときは、また
このメッセージを読み返して、今の気持ちを思い出し
たいと思います。

本当に必要としていた言葉をいただきました。
ありがとうございます(^^)
Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |
投稿者 No. 削除キー